趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12
このページの記事一覧
Posted on 21:48:44 «Edit»
2017
09/08
Fri
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの水上旅行:蛍雪の宿 尚文 

やっほい、未緒さんです。
「水上」旅行の記事つづき、
「JR水上駅」にもどってから、しばらく周辺をうろちょろして。
午後3時の送迎で宿に向かいました。
P9050016.jpg
↑今回泊まったのは「蛍雪の宿 尚文」さん。
「水上駅」から車で10分ほどの、ホント静かな場所にあります。

さっそくお部屋に。
P9049965.jpg
離れの「おだまき」って部屋に泊まったよ。
離れは数年前に新しく建てたらしく、すっごいキレイ!

ベランダに出ると、緑豊かな庭園が。
2017-09-05-085119.jpg
極力「自然らしく」手付かずにしてるとのことで、
様々な草花なんかも咲いてて、観てて飽きません。

母屋から続く回廊。
P9049973.jpg

2017-09-04-164705.jpg
回廊から見える庭園が美しく、意味もなくうろちょろw

・・・で、せっかく「水上」まで来てるんだから、
さっそく温泉ですよっ!
2017-09-04-154210.jpg
まずは宿ついてすぐに、
半露天風呂「蛍雪の湯」に入ってみました。
窓を開けるとふわっと冷たい風が入り。
いあー、ごくらくごくらく。
(この宿のお風呂は3種すべて「貸切」なのもうれしい!)

湯上り後はまだまだ夕飯まで時間があったのでロビーへ。
ロビーで「ナマ中」たのんじゃったぜっ!!
P9049977.jpg
温泉のあと、庭園眺めて飲むビールとかマジでさいきょう!
地元の「枝豆」もつけてくれるいたれりつくせりっぷりです。
(あと左下のは「ご自由に」で置いてある「たまこんにゃく」。)

ロビーには地元の日本酒の「利き酒コーナー」もあり。
P9049974.jpg
未緒さん日本酒は管轄外なんだけど、せっかくなのでw
「谷川岳」のほうはさらっと辛口でワインに近く、飲みやすかったです。

その後は休憩スペースに移動。
2017-09-04-164901.jpg
あえて「オフシーズン」狙ったのが功を奏して、
この日はオープンスペースはほぼ私の貸切状態!
vitaで「ぷそ」にログインして、デイリーこなしたりしてましたww

その後はお部屋に帰って、
お部屋付きの半露天風呂で夕飯までゆっくり。
2017-09-04-164422.jpg
ひとりで寝てちょうどぴったり入れるサイズの湯船。
湯温はけっこう低めになってて、長湯できるのが嬉しい。
思わず寝そうになるわ・・・。

そして午後6時からは、待望の夕飯ですっ!
P9049979.jpg
もうメニュー表の置き方ひとつでセンスがわかるわ。
ちなみにこの鹿の角、本物だそうですw
料理長さんが現役の「マタギ」なんだそうで、
山で拾ってきたんだとか。

「山人料理」と題した夕飯は、まさに「繊細」かつ「豪快」で。
P9049980.jpg
左上:新鮮野菜を自家製ソースで
地元の新鮮な野菜を2種類のソースで食べられます。
野菜大好きな未緒さんとしては、
実はコレ観たのが宿とったきっかけだったりw
何もつけなくても美味しいよっ!

右上:尾瀬豚の燻し焼き
個人的には「豚肉」って固くて脂身ぐにょぐにょで、
食べられないワケじゃないけど正直好きではなかったんだけど。
こちらは低温(70℃くらい)で長時間燻し焼きしたそうで、
肉は柔らかく脂身もとろっとろ。なんなのこの美味しさっ!
肉の質も良いんだろうけど、豚肉に対する評価が変わりましたヨ。

左下:岩魚の唐揚げ
「塩焼き」と選べるんだけど、頭からぜんぶ食べられる「唐揚げ」で。
てか「しっぽ」! さいごの「しっぽ」がパリパリで美味しすぎるww

右下:薬膳スープ
ニラやショウガががっつり入った、体の芯からあったまるナベ。
旅行の1週間前に「夏バテ」で体調崩してたのもあって、
(もちろん、旅行行くのわかってて必死に治したけどw)
スタミナのカタマリのようなスープがホント嬉しかったです。

そして「別注料理」でたのんだ「赤城鶏の塩焼き」なんですが。
P9049986.jpg
これが美味しすぎる。

ぱりぱりの皮に、噛むとあふれ出す肉汁。
そして760円という破格のお値段ww
これはマジでたのんでよかったっ!
もしもここ観てこの宿行く人いたら、絶対コレはたのむべき!

その他、枝豆の炊き込みご飯やデザートのぶどうなどなど、
一切の手抜き無しの素晴らしいコースで。
米粒ひとつ残さず「完食」いたしました・・・!

いあー・・・、それなりにいろんな宿でごはん食べてきたけど、
今回の「尚文」さんは、間違いなく今までで3本指に入る美味しさだわ。
もちろん、けっこうお値段は張りましたが、
それでも「この宿を選んでよかった!」って心から思いました。

夕飯後はお部屋でホントにのんびり。
2017-09-04-174950.jpg
「離れ」はほんっっっとに静かで、
聞こえるのは庭園を流れる小川の水の音と、秋の虫の音だけ。
ただただ、ぼーーーっとしながら流れる、贅沢な時間。
この日は始発起きだったのもあり、
ウトウト眠くなるにまかせて、早めに床につきました・・・。


・・・で翌日は相変わらず日の出前に起きちゃってw
日の出の時間に合わせて貸切内湯「岩の湯」へ。
P9050003.jpg
こちらは趣き深い、いかにも「温泉!」てカンジのつくりです。

ようやく届いた日の光をバックに
「きゃらぽーとれーと」撮ってみたんだけど・・・。
さすがに光量足りなくてなんだかわかんないなぁw
2017-09-05-052109.jpg
まあ、せっかく撮ったんで載せときます。

そして朝食。
P9050008.jpg
基本的には「定番」なカンジではありますが、
嬉しかったのは写真上のほうの
「蒸篭蒸し」で出してくれた「自家製ソーセージ」

あと「群馬納豆」なんかも「ご自由に」であって、
朝からがっつりご飯おかわりして食べちゃいました。

チェックアウト前にはちょっぴりおさんぽ。
2017-09-05-093409.jpg
「中庭デッキ」。旅行2日目は朝からまさに「晴天」で。
木漏れ日がさしこむデッキがホントにキレイでした。

宿の道路挟んで向かい側には「コスモス」が咲いてました。
P9050015.jpg

2017-09-05-093518.jpg
「水上」はさすがに都心に比べて平均気温は低いので。
一足早く観られてなんだかラッキー!

・・・てなカンジで、ホントに宿を満喫して。
我ながらいい宿選んだものだと思い。
いつかもう一度「水上」方面行くことがあったら、
またここに泊まりたいと思いました。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する