趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

06< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>08
このページの記事一覧
Posted on 07:31:36 «Edit»
2017
01/20
Fri
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの諏訪旅行:諏訪大社 上社 

どもです、未緒さんです。
「諏訪旅行」のもようもラスト、2日目のようす。
2日目はおもに「諏訪大社」の「上社」2つをまわってみました。
P1179068.jpg
「上社前宮」

実はこの「前宮」はマイカー以外での移動手段が無く。
(もよりのバス停から徒歩30分くらいらしい・・・。)
旅行行く前は「ココは無理かな」と思ってたんだけど、
なんと、宿で「宿泊者限定の送迎バス」を出してくれて。
2017-01-17-100302.jpg
そもそも私は、雪道の運転なんてしたことないので、
仮にマイカーで来てたとしてもこの日は来られなかったハズで。
この風景が観られたのはホント、宿のおかげだよー。

雪化粧されたその場所は、まさに神聖そのものでした。
P1179070.jpg
陽に照らされる「御柱」と、半ば凍りついた小川。

ココは「諏訪大社」の4つの中でもいちばん小さく。
まったく観光化されてない、手付かず感がむしろよかったです。

なんとここでは小川がそのまま「お清め水」になってて。
2017-01-17-100426.jpg
トロ「つ、つめたいのニャッ!!」
そりゃそうだよね・・・。


そしてお次はまた宿のバスで、「上社本宮」へ。
P1179082.jpg
こちらは規模としては4つの中でもいちばん大きいのかな?
駐車場周りはお土産屋さんや屋台なんかが立ち並び、
観光客の数としても一番多かったと思うわ。

「本宮」の「一番御柱」
2017-01-17-103831.jpg
「御柱」は「一番柱」がいちばん大きく、次第に小さくなるそうで。
とくにこの「本宮」の「一番柱」は4社の中でも一番大きいらしく、
この柱の担当になった地区(クジできめる)はガッツポーズなんだとか。

中通路でぽーず。
2017-01-17-103336.jpg

境内奥(ホントはこっちが表門らしい)の大きなケヤキの木。
P1179084.jpg
実はこの木、「贄掛の大欅」って言って、
その昔、神様へのイケニエを吊るしてたんだとか・・・。
(さすがに今は禁止になってます。)

「前宮」とはうって変わって、こちらの「お清め」は「温泉」!
2017-01-17-103932.jpg
トロ「むこうもみならってほしいのニャ。」


・・・と、宿のバスのおかげで、無事4社すべてまわれて。
11時すぎごろには「上諏訪駅」前に戻ってきて。

お昼ごはんは駅前の「いずみ屋」さんで、
諏訪名物「みそ天丼」食べたよっ!
P1179088.jpg
諏訪産の「みそ」を使ったみそダレの天丼です。
ただ、あんがい食べてみるとそこまでみそっぽくなく。
むしろ「川えび」や「ワカサギ」などの、
地元名物を使った「具」の方が印象的でした。

帰りの電車まではまだ時間があったので、
旅行の最後は日帰り温泉施設「片倉館」へ。
P1179093.jpg
大正ロマンあふれる「洋館」の中に、
「千人風呂」と呼ばれる大きな温泉が売りです。

中もレトロなふんいき。
2017-01-17-124009.jpg
↑ここは休憩所に続く階段だったかな?
なんとなくグンマーの「四万温泉」思い出すなぁ。

2017-01-17-123652.jpg
とうぜん共同浴場ですんで、
この先のお風呂は「撮影禁止」なんですが・・・。

駐車場に内部の写ったポスター張ってあったんで、
無理矢理「温泉ぽーとれーと」ですよっ!
2017-01-17-121051.jpg
こんな感じでお風呂の内部もロマンあふれるつくり。
ちなみに浴槽は水深1メートルくらいある「立ち湯」で、
下に敷き詰めてある丸石が踏むとキモチイイ!


そんなこんなで旅行の全スケジュールをしっかり消化。
あまり遅くならないよう、お昼過ぎの「あずさ」で帰りました。

ホント、冬の旅行にぴったりの「温泉」も入れたし、
「諏訪湖」に「諏訪大社」と、美しい風景も観られ。
「またいつか行きたいな」と思える、満足のいく旅行でした。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する