趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

04< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>06
このページの記事一覧
Posted on 09:51:51 «Edit»
2016
12/08
Thu
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの足利旅行:フラワーパーク(夕) 

おはばんわ、未緒さんです。
5~6日に行ってきた栃木県の「足利」方面旅行。
陽が傾き始める3時半頃には、今回最大の目的地
「あしかがフラワーパーク」へととうちゃくです。

2016-12-05-151125.jpg
「夜景イルミネーション」で超有名なこの場所。
ホント、ずっと行きたかった場所なので嬉しいわ~。

ちなみに平日は送迎バス等が一切無い為、JR「足利駅」から
両毛線(1時間に1~2本)で1駅戻って「富田駅」で下車、
そこから15分くらい歩いてやっととうちゃくですよ・・・。

ぶっちゃけ地方はどこもそうだけど「車社会」なので、
とくに私みたいな「平日徒歩勢」は虐げられる運命なのよね・・・。

いちおう「夜の部」は3時半から開園だったんだけど、
チョット前に着いたらすでに開いてて園内に入れました。
まあ、今昼間に観に来る人いないだろうから、
ほとんど入れ替えの必要ないんだろうな・・・。

実際、まだ明るいうちに「下見」も兼ねて園内一周してみたけど、
「ローズガーデン」のバラがチラホラ咲いてる程度で、
他の場所はほとんどが「枯れ木」状態でございました・・・。
2016-12-05-152623.jpg
これはね~、「閑散期」を盛り上げる為に
「イルミネーション」やってるんだから仕方ないw

先月の休み(雨降って行くのやめた)に行ってれば、
まだけっこう本物の花も見頃のものがあったんだけどなぁ。
まあ、今回が天気良かったからいいけどね。

1つだけ超元気なバラみつけてぱしゃり。
PC058733.jpg

ひととおり「どこに何があるか」を観てから、
まだ暗くなるのに時間があったので、早いけど先にお食事。
園内のレストラン「ウェステリア」さんで、
せっかくだしと「イルミネーションディナープレート」食べたよww
PC058739.jpg
これ、思ったより本格的で。
小さいけど牛ステーキまでついてて、お味もよく。
この手のテーマパークの食事としてはかなりレベル高かったです。

さて、オナカも満たしたところで外に出ると、
まだ空は明るいものの、イルミネーションが次第に点灯し始め。
まさにここからが本番ですっ!
2016-12-05-151344.jpg
ここのイルミネーションの売りのひとつ「奇跡の大藤」

実際の「藤棚」に、藤を模したイルミネーションしてあるのよねw
PC058742.jpg
雑誌でコレ観たのが「行きたいな」と思ったきっかけなので。
やっと自分の目で観られて感激でした。

上でも載せた「ローズガーデン」にも明かりがともります。
PC058747.jpg

ローズガーデンのベンチに座る麗しのワタクシ。
2016-12-05-161453.jpg
ちなみに「フラワーパーク」内の「キャラポートレート」は、
「シャイニーアイドル」で華やかさをあっぴーるです。

「光のバラ園」で踊るトロさん。
2016-12-05-161523.jpg
どうせもっと暗くなったらvitaは役に立たないので、
早めの時間に「キャラポートレート」は多用しちゃいますw

園内の中央にあるここの夜景のシンボル、
「イルミネーションタワー」の夕景。
PC058754.jpg
この時間から「張ってた」人だけが観られる、
「夕焼け」と「イルミネーション」とのコラボがステキでした。

どこの観光地もそうだけど、
奥のほうへ行くほど人が少なくなりイイ感じ。
2016-12-05-162759.jpg

2016-12-05-162659.jpg
↑「四季」をイメージした「こころの故郷」ゾーン。
入口付近の「これでもか」ってイルミに比べると控えめで、
静かなイメージがうまくメリハリになっててよかったです。

池に浮かぶ「光のピラミッド」
PC058757.jpg
ここらへんは人気スポットなので、
人がまばらな時間にまわれてよかったかも。

あんまり大々的に扱われてなかったけど、
園内の池の随所に大きな「フラワーアレンジメント」があって。
2016-12-05-152145.jpg

PC058762.jpg
コレが個人的にはすっごい好きで。
イルミネーションの中にうまいアクセントになってたと思う。

・・・てな感じでうろちょろしてると、空は完全に闇に包まれ。
そのもようは長くなったので次の記事に分けますw

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する