趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

06< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>08
このページの記事一覧
Posted on 21:22:34 «Edit»
2016
10/11
Tue
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの北陸旅行08:乙女寿司 

うなうなうな、未緒です。
「北陸旅行」つづき、2日目夕方は「にし茶屋街」から
「片町」方面へとふらふら歩いてもどり。
2016-10-04-164307.jpg
このあたりは「金沢」随一の繁華街で。
ファッションやグルメ等のオサレなお店が並んでます。

で、そこらへんを時間までウィンドーショッピングして。
17時前に裏通りに入って、目的の場所へ。
2016-10-04-164918.jpg
夕食は「乙女寿司」さん予約してましたっ!!

いあもうね、2日目の夜は「金沢のお寿司!」と決めてて。
「どこがいいか?」をアレコレ必死に調べたんだけど、
この「乙女寿司」さんは「金沢」で1、2を争う名店のようで。
旅の思い出にどーしても行ってみたかったのよね~。

ある意味、今回の旅行の「クライマックス」とも言えるトコなんで、
夕食だけでブログ記事1回つかっちゃうよっ!!

奥まった細道を通ると入口が。
なんか「扉開けちゃっていいの?」とかちょっとドキドキな、
小物感まるだしな未緒さん。
2016-10-04-165040.jpg
まあ入口で固まっててもしょうがないので、ガラッと。
超キンチョーしながらカウンター席へ・・・。

このお店はメニュー等はない「おまかせ」専門で。
(とうぜん「ニガテなものは?」とは聞かれます。私はないけどな。)
「おつまみ」と「にぎり」どっちが先がいいか聞かれたので、
やっぱ「おつまみ」からよねっと。

まずは「お造り」数品から。
PA048354.jpg
黒光りする「つけ台」に乗せられ見た目も美しいわ・・・。
右は「ぼたんえび」。ココでは「富山えび」をそう呼ぶんだって。
(ココだけ先ぜんぶ食べちゃったんで、写真付け足したわw)

バイ貝(左上)は塩と酢橘でどうぞ」とか、
美味しく食べられるように細かく説明してくれて。
いあもうさいしょっからテンションあがるあがるw

その後の「おつまみ」数品。
PA048355.jpg
「アジのお造り」(左上)は当たり前だけど超新鮮!
私なんかは本当に良いアジの破壊力
「小田原」や「伊豆」方面で知ってはいたけど。
となりの人たちなんかは「コレがアジ!?」みたいな反応でしたw

「うなぎの白焼き」(右上)はとろけるような美味しさです。
個人的に「おおっ」と思ったのが「松茸のアラの卵和え」(左下)。
松茸の香りとアラの卵のうまみがあわさりさいきょう。
「茶碗蒸し」は具は「あさり」だけ。出汁すげえよ。

・・・で、ふだんはワインとビールをこよなく愛する
「げんえきじょしこうせい」な未緒さんではありますが。
ココの食事の魅力を最大限に引き出すには、コレよねっと。
PA048356.jpg
ふだんほとんど飲まない「日本酒」頼んじゃいましたっ!
日本酒はよく知らないので、名前で選んで「千枚田」ってのに。
「おちょこ」は数種類持ってきてくれて、好きなの選べて。
こいう細かい配慮がホント「一流」でうれしいところだわ。

そして「おつまみ」のラストでは・・・。
PA048360.jpg
の ど ぐ ろ !!

はい、「金沢」の名物といったら真っ先に上がる高級魚。
お寿司では出るとは思ってたけど、まさか「焼物」でも出してくれるとは!

実は今回の旅行の「グルメ計画」では、
この「のどぐろの焼物」も是非食べたい品だったんだけど、
スケジュール的にうまい時間に良いお店に行けず諦めてたので。
まさかココで補完出来ちゃうとは、ホントありがたかったわ~♪

そしてお味のほうは。
ぱりぱりの皮に箸を入れるとじゅわっと脂が染み出し。
コトバが見当たらん。異次元の美味しさだわ。

はんぶんはそのまま、はんぶんは酢橘で変化つけて。
最後の一口食べるときは名残惜しかったよww

さて、ここからは「にぎり」です。
まずはさいしょのほうに出た4品、あまえび・トロ・いか・こはだ
PA048362.jpg
・・・いやさ、この4つってぶっちゃけ、
どこのお寿司屋さんにもあるネタなワケですが。
どこをどうしたらこうなるのかわからない美味しさでww

とくにビックリしたのは「いか」。
包丁の入れ方なんだろうけど、まったく皮が当たらず。
当たり前のネタも、「仕事」次第でココまで美味しくなるんだと、
改めて「お寿司」の偉大さを目の当たりにした気がしました。

そしておまちかねの~~~!!
PA048367.jpg
「のどぐろ炙り」にぎり~~!!
炙ってほんのり温かいネタが、
口に入れたとたんとろ~りととろけて・・・。

これはもう「金沢」のお寿司屋さんなら、
間違いなく出してくれるだろうとは思ってたんだけど。
いざ食べてみるともう、ホントにコトバを失います。

もう「おかわりくれ」のコトバを何度も言いかけたんだけどw
折角親方が考えた「コース」を変えちゃうのはしのびなく。
まあ、さいしょの感動を持ち帰るのが幸せだろうしね。

後半になるにつれ、濃厚なネタが出るのはさすが。
PA048370.jpg
「いくら」は新モノって言ってました。もはや宝石ww
「あなご」は白焼きで、焼きたてアツアツのままにぎりに。

ホントはコースはココまでだったみたいなんだけど、
親方の「もう少しにぎりますか?」のコトバに、
お財布のことなんかサッパリわすれて「はいっ!」と・・・。

そんなワケで下の2品は追加の「アラ」「キス」
「アラ」ってでかくてキモい見た目のお魚らしいけど、
はじめて食べたけど繊細な味ですごい美味しかった。
「キス」は一般的だけど、この透明感なによコレ。

けっきょく、追加も含めて15カンほどいただき。
「おつまみ」含めてかなりの量食べたはずなのに、
美味しすぎてぜんぜん苦しくならなかったですw

正直、今までいろんなお寿司屋さん行ったけど、
「今まででいちばん美味しかった!!」
胸を張って言えるくらい、圧倒的なまでの完成度でございました。
(とうぜん今まででいちばんお値段も張ったけどな・・・。)

いつかまた、「金沢」に行く時にはぜひ、
「また食べたいな」と心から思います。
ホント美味しかったよー・・・。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する