趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
このページの記事一覧
Posted on 07:24:33 «Edit»
2016
10/09
Sun
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの北陸旅行05:界 加賀 

いぇっふー、未緒さんです!
「北陸旅行」のもようも初日(10月3日)ラスト、
今回は1泊目の宿でのもようです。

泊まったのはこちら。
2016-10-04-084245.jpg
「星野リゾート 界 加賀」さん。
伊豆方面なんかでも見かける高級温泉宿、
「星野リゾート」のひとつなんですよっ!
うああああ、マジで「私泊まっちゃっていいの!?」状態だよww

何でもココは元々、300年続いた「白銀屋」という老舗旅館で。
表から見える場所は300年前の当時のまま残し、
内部を大幅に改築して、1年ほど前にリニューアルオープンしたそうで。
PA048299.jpg
「紅殻格子」の鮮やかな見た目がもう・・・うっとり。

・・・実は今回の「北陸旅行」は、半年くらい前から計画してて。
半年前からガイドブック買ってネットも観たりして、
「ココ行きたい」「コレ食べたい」とかアレコレ計画練ってまして。

そんな中、ちょうどリニューアルオープンしたばかりのこの宿観て、
あまりのキレイさに「ぜったいココ泊まりたいっ!」って思っちゃってw

ぶっちゃけ「予算オーバー」な場所ではあったんだけど、
ココに泊まる為に、半年間コツコツと旅行費を貯めこみ・・・。
ホントにココは、私の半年をかけた「自分へのご褒美」だったりしますww

さて、そんなワケで「送迎バス」から降りて中へ。
ロビーでは早くも「加賀水引」をモチーフにした豪華なアートがっ!
PA038222.jpg
目の前にフロントの人居るのにばしばし写真撮る未緒さん。
・・・うん、カッコつけてられなかった。

フロントと客室間の渡り廊下には、
「北大路魯山人」さんの陶芸作品が展示されてました。
PA038219.jpg
私ゃ陶芸とかサッパリだけど、なんかいいよねっ!

そして宿泊するお部屋へ。
PA038209.jpg
伝統的な温泉宿には珍しく「ふとん」ではなく「ベッド」です。
これは「星野リゾート」さんの方針らしく、
「現代の快適性」を重視したつくりなんだとか。
正直、私はいつもベッドで寝てるんでありがたかったわ。

ソファーもめっちゃ快適です。
2016-10-03-163013.jpg
トロ「ネコにもやさしいつくりなのニャ。」
バリアフリー対応なのか、全体に段差が少なく家具は低めで。
ホントにトロの身長でもまったく苦にならないつくりです。

また、そんな「現代的」なつくりの部屋なのに、
しっかり「伝統」も引き継いでるのが素晴らしく。
PA038210.jpg
部屋のそこかしこには「加賀」の伝統工芸がちりばめられ。
もーーー! こいうかゆいところに手が届く配慮すげえよww

テラスでのんびりな未緒さん。
2016-10-03-162910.jpg
まあ、この日の「金沢」は30℃近い気温で。
とちゅう小雨もぱらつき湿度もすごくて、
テラスに居るより部屋のが快適だったんだけどねw

・・・そして私、ほんっっっっとにがんばりました!

なんと、「界 加賀」さんの中でも一部にしかついてない、
「温泉露天風呂付き」の客室泊まっちゃったのよっ!!
2016-10-03-162748.jpg
ひとりでぴったり入れる楕円形の浴槽つき。
マジでココまで来て「温泉キャラポートレート」撮ったのは、
世界で私ひとりしかおるまいっ! ワハハハハ!!

ちなみに「山代温泉」の湯は、若干とろみのある
弱アルカリ性で、「美人の湯」といわれるそうです。
あれ? なんか私にピッタリ?

そしてもちろん「大浴場」もあるので、そちらにも入り。
「大浴場」出たすぐのトコには「湯上り処」がありまして。
PA038229.jpg
なんとココ、加賀茶のほか、シャンパンやビールが無料で置いてあり。
(夕飯前までのサービスなんだそうです。)
なんといういたれりつくせり!!

そりゃ、「おちゃけをたしなむじょしこうせい」として、
温泉あがりに一杯くらいいただきたいワケですよっ!
2016-10-03-170737.jpg
まあ、ここで何杯もぐびぐび飲むのはさすがにマナー違反なので。
シャンパン1杯でさすがにやめといたけどねw

そんなこんな、宿を満喫してると陽も傾き。
ちょうど部屋が西向きだったようで、夕焼けも観られました。
PA038239.jpg
1日どんより曇りだっただけに、
雲に乱反射する光でむしろ夕焼けはキレイだったり。
ちょっと得した気分よねw

その後は夕飯まで少し時間あったので、温泉街さんぽして。
(そのときのもようは前回の記事に載せてますw)
PA038260.jpg
↑「行ってきました」でも載せた、「界 加賀」さんの夜景。
格子からもれる光が幻想的でもう・・・。

そしてしっかりオナカを空かせた19時から、待望の夕飯ですっ!
こちらの夕飯では、魯山人さんの名言「器は料理の着物」にならい、
器にもこだわった見た目美しい「季節の会席」が味わえます。
PA038269.jpg
左上は「八寸」。観てるだけでもうれしくなるわねw
「お造り」(右上)はまあ、この土地で美味しくないハズがない!
左下は「揚げ物」。たたき海老新挽き揚げと茸天ぷら。
そしてラストは「栗のデザート」(右下)!

そして最高の食事には、お酒にもこだわりたい未緒さん。
PA038266.jpg
お魚多めの会席なのは「おしながき」でわかってたんで、
ボルドーの白ワイン「エシャペ・ベル・ブラン」頼んじゃいました!
コスパのよさには定評のあるワインだけに、
和食ともバッチリ「マリアージュ」してくれましたよっ!

そしてメイン料理2点。
まずは「松茸土瓶蒸し」っ!!
PA038272.jpg
いやさ・・・今だから言うけど、未緒さん実は今まで、
松茸って「カナダ産」しか食べたことなくてww
なんなのこの香り!!

さいしょのひとくち飲んだ時はもう、
あまりの美味しさに、口から魂出かかったわ・・・。

そして「鮑の若布包み蒸し」
PA038280.jpg
名前通りアワビを昆布で包んで蒸したものを、
アワビの肝ダレでいただきます。

このほかにももちろんごはんや味噌汁なんかもあり。
最後の栗のデザート食べた後はもう、
「おかわりくれ」と何度言いかけたことか・・・!w

ただ、これで「今日」が終わりじゃないのがこの宿で。
夕飯後の21時には宿の休憩所にて、
伝統芸能「加賀獅子舞」をアレンジした「白銀の舞」の実演がおこなわれ。
PA038287.jpg
すっごい迫力! 獅子の歯の音にはぜったいビックリするわw

その後はさすがに旅行初日で朝早かったのもあり、早めに寝て。
相変わらず朝5時ごろには起き出し、
夜が明けていく「大浴場」を貸切状態で使えたり♪

朝食は「定番」的ではあるけど、
ひとつひとつ丁寧に作られた美味しさで。
PA048293.jpg

朝食後、朝の温泉街を少しさんぽして、
最後にゆっくりお部屋の露天風呂入って、
10時半の送迎バスで宿をあとに。

滞在中これでもかってくらいにきめ細やかなサービスで、
もーホントに「一流」の宿でございました。
お財布には多大なダメージを食らいはしましたが、
まったく悔いはない、最高の時間が過ごせましたヨ!!

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する