趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07
このページの記事一覧
Posted on 07:54:10 «Edit»
2016
10/08
Sat
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの北陸旅行04:山代温泉 

うなっす、未緒さんです。
「北陸旅行」つづき、1日目もおおづめです。
「兼六園」を観終えたあとは、バスで「金沢駅」へと戻り。
そこから15時の宿の送迎バスで1時間ほど、
加賀温泉郷のひとつ「山代温泉」にやってまいりました!

2016-10-03-165732.jpg
1300年の歴史を誇る、多くの文化人に愛された温泉街。
旅行プラン立て始めた頃から、1泊はココって決めてたのよね!

とりあえず宿のチェックインを済ませてから、
少し休んで温泉入って浴衣に着替えて。
(宿のもようは次回でまとめていく予定w)
17時頃からちょっぴり温泉街のさんぽに出かけてみました。

PA038225.jpg
↑は「はづちを楽堂」。カフェやおみやげ屋さんが何件か入る、
小さな「道の駅」的な場所になってます。
(さいしょのポートレート撮ったのもココね。)

山代温泉ゆるキャラの「すぱクロ」くんに挨拶するトロさん。
2016-10-03-165923.jpg
トロ「トロのともだちにもクロってのがいますのニャ。」

すぱクロくん、「ヤタガラス」がモチーフなので足が3本あるよ!
なんでも「山代温泉」は、温泉で傷を癒す「ヤタガラス」を
発見したことから開湯した温泉なんだってさ。

そして温泉街のまさにド真ん中には、
山代温泉のシンボルとも言える共同浴場「古総湯」が。
PA038243.jpg
明治時代の共同浴場を再現して、割と最近建てられたらしく。
まだ建物は真新しい感じで、中もキレイ。

ちなみにこの「山代温泉」の、「総湯」を中心にして
「温泉宿」が回りに立ち並ぶ街のようすを、
「湯の曲輪(ゆのがわ)」って言うんだって。

例によって浴場内は「撮影禁止」ですんで、公式HPから。
yamashiro_soyu_meguri.jpg
洗い場とかはなく、ほんとに入ると中は「温泉」があるだけw
当時の最先端だった「ステンドグラス」からもれる光が美しく。
半身浴でしばらくぼけーっと眺めておりました。

2016-10-03-181446.jpg
恒例の「温泉ぽーとれーと!」
まあ、出てから「裏側」から撮ったもんだけどなww

その後は一度宿に戻ってのんびりしたりして。
辺りが暗くなったのを確認して、もういちどおさんぽ。
PA038250.jpg
ぼんやりと赤く染まる夜景がとてもキレイでした。

PA038252.jpg
実はもっとアレコレ夜景撮影したんだけど、
けっこう暗いのでほとんどピンボケしてたんだよな・・・。


翌朝には、宿の送迎バスまでけっこう時間があったので、
「魯山人寓居跡 いろは草庵」にも行ってみました。
2016-10-04-090129.jpg
ここ「山代温泉」は芸術家で食通としても有名な
「北大路魯山人」さんゆかりの場所なんだそうで。
当時の彼の別荘(仕事場)を改築して作られてます。

「山代温泉」内の宿には、今でも彼の作品が残っており。
宿の「看板」も彼が彫ったものがいくつかあるそうです。
PA048303.jpg
↑看板を彫るとちゅうのようすを再現したもの。
けっこう大きいのでコレ、イガイと重労働よね・・・。

「いろは草庵」お隣の「薬王院温泉寺」
PA048295.jpg

「山代温泉」自体はホントこぢんまりとした街で。
街のほとんどは「総湯」周辺に固まっており、
軽く一周しても30分もかからない程度でした。
(もっと天気良ければ「遊歩道」も行ったんだけどw)

それだけに「宿」でのんびりする時間がしっかり作れて、
1泊目にココを選んでほんとによかったと思いましたヨ。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する