趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

06< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>08
このページの記事一覧
Posted on 20:33:27 «Edit»
2016
03/20
Sun
Category:未緒さんのドキドキしない日記

「PSO2アニメ」1巻感想 

あ、はい。どーも未緒さんです。
先日買ってきた「PSO2 ジ アニメーション」第1巻

ぷそアニメ1巻
↑第1巻らしく、主人公とヒロインが並ぶ
オーソドックスなパッケージイラストですねっ!

ホントはいちど12話まで観てから、改めて観返して、
感想でも書こうかなーとか思ってたんだけどw
「せっかく買ったんだし」ってコトでさっさと観ちゃったので、
現在の(10話まで観た)視点での感想を書いてみます~。

※この先10話まで観た前提のネタバレあるので注意ね。

★Quest1 「はじめまして」から始まるRPG
リアルタイムで観たときには、とにかくアニメの1話らしく、
「世界観の説明」に終始した印象でしたが。
今の時点で観かえしてみると、いろいろビックリと言うか・・・w

あまりの「テンプレ」なキャラの設定っぷりに、
正直、1話を観た時点では「不安半分」だったのがホンネなんですが。
「みんな今とキャラが違うじゃんっ!」・・・っていうw

とくに顕著なのは、もちろんリナ会長だよね・・・。

容姿端麗成績優秀スポーツ万能な、
バスケや書道すら華麗にこなす才色兼備な生徒会長。
後輩に囲まれ、生徒会員に囲まれ颯爽と歩く学園のアイドル。


・・・あんた誰だww

いあー・・・、ホント1話観たかぎりじゃ、ここから崩れに崩れ
コミュニケーション不全のちょっぴりストーカー気味な
ぼっちゲームヲタクに成り下がっていく
とは、誰が想像しただろうか・・・?

まあ、リナの場合はむしろ、ダメなところが魅力なので、
私的にもむしろ感情移入できてすごくよかったんだけどw
(私も学生時代「ヲタク」なの隠して無理に人当たりよく
見せてたんで、すごいわかる部分多いんだよね・・・。)

逆に残念な方向にキャラが変わったのは工藤書記長だよなぁ・・・。
クールメガネで、敏腕執事系なキャラのはずだったのが、
どうしてこうなった・・・w

今思うと、この1話の「テンプレ」っぷりは、
ちゃんと計算でやってたんだなぁとホント実感。
本当に平凡なテンプレ日常をしっかり描いたことが、
今の「ぷそアニメらしさ」につながってる気がします。


★Quest2 孤高の戦士
1話が「キャラクター説明」だったのに対して、
2話は転校してきたアイカを通しての「清雅学園の説明」と、
SOROさんを通じての「PSO2の説明」ってカンジね。

アイカに関しては、アニメ観る前の印象と比べて、
やけに濃い印象だったかなぁ・・・。
てか、アークスにだって男女別の施設はあるだろうにww

「芸術家の両親を持ち~」とかいうアイカの自己紹介に、
「なんかキャラ設定を読み上げてるみたい」と返したイツキ君。
何気なく放ったはずのそのコトバが、
実は的を得ていたことを知るのはもう少し先なワケで・・・w

にしても「清雅学園寮」すっごいよね・・・。
全寮制なのに生徒ひとりひとりにテレビ&パソコン付きの個室、
温水循環式大浴場に食堂や休憩スペース多数完備とか。
「学費いくらかかるんだ?」とかリアルな疑問がわくわ・・・w

そしてSOROさん側の「PSO2の説明」では、
このアニメを観てゲームを始める人を対象にした、
「ゲームのマナー」等もしっかり描かれてたりして。

イツキ君を思わず叱ってしまい、後悔するSOROの中の人。
言いたいことが頭の中を早口でめぐる光景が、
学園のアイドルから転落していく第一歩だったよなぁ・・・w

ちゃっかり登場した3位さんのライブシーン。
これも「PSO2」にしかない「らしさ」の象徴なので、
このシーンを入れたことはすごく「わかってるなぁ」と。

そして「なんでフレンドになってくれたの?」のイツキ君の言葉に、
「私のことはみな『孤高』と呼ぶぞ」答えをはぐらかすSOROさん。

・・・うん、言えないよね、言えない。

昔唯一「かくれんぼ」で自分を見つけてくれた幼馴染の男の子が、
同じ高校に在籍してることを知り「生徒会長権限」で副会長に任命し、
「学校側への大義名分の作成」という理由をつけて
自分が大好きな「PSO2」を無理矢理始めさせ、
彼の行動パターンを予測した上でログイン時間を割り出し、
同じ時間にログインして待ち伏せして声をかけるがナンパ失敗も、
緊急クエに赴いた彼をひそかにストーキングしてピンチになるのを待ち、
絶好のタイミングで彼のピンチを救い「つり橋効果」で株を上げ、
さも当然なようなさりげなさでフレンド登録しました、サーセン!!


・・・なんて、口が裂けても言えないよね・・・。


とにかくこの第1巻に収録されている1話と2話、
そして次の3話までは、じっくりと「世界観の説明」が続き。
これって、考えてみると今のアニメとしては恵まれてるよなぁと。

基本、制作費も製作時間も少なく、
放送時間も1クール(12話)しか許されない今のアニメ
は、
どこかに無理が出て、「はしょる」場所があることが多いので。
(個人的には、コレが最近アニメ観なくなってた理由なのよね。)

それが「ぷそ」アニメでは、今のところ俗に言う「作画崩れ」もなく
ストーリーの展開もおそらく「予定通り」の進行だと思われ。
ホント、前評判を覆す素晴らしい出来になっており。

・・・願わくばこの先、最終話で時間が足りなくて尻切れになり、
「続きは○○で!」とか、よくある展開にならないといいなぁww

さてさてあと2話、めっちゃ期待してますんで、
しっかりまとめて良いエンディングを迎えてほしいものです。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する