趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11
このページの記事一覧
Posted on 20:49:51 «Edit»
2016
01/22
Fri
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの冬の西伊豆旅行:修善寺 

よっす、未緒です。
「西伊豆」旅行のもようも今回でラストです。
(何しろ天気がひどかったんで、写真少ないのよね・・・。)

旅行2日目は、お昼まで宿泊地の「戸田」(へだ)周辺を
さんぽする予定でいたんですが・・・。

この日、日本列島は暴風で大荒れのお天気で。
海沿いの伊豆半島は、特にその影響が強かったようで、
マトモに歩けないレベルの暴風にくわえて、
大荒れの海から打ちつける波が、風に乗って道路まで降り注ぎ。

・・・これ、昨日の雨のほうがマシじゃんww

2016-01-19-093333.jpg
↑宿の外に出てすぐに撮った写真。
一見、青空の広がる「観光日和」に見えるけど、
この写真撮った時点で、飛んできた海水がvitaにかかる始末。
(正直、これ以上海に近づけませんでした・・・。)

とてもじゃないけど海沿いの街を観光できるレベルではなく。
ひっじょーーーに悔いは残ったけど、
仕方なく午前10時のバスで、「戸田」を後にすることに・・・。

ただ、何しろ「天気『だけ』はいい」ので、
このまま家に帰るのもくやしい気がして。
「海沿いじゃなければ、暴風も少しはマシだろう」と思い、
バスの帰り道の「修善寺温泉」に寄ってみることに。
2016-01-19-105106.jpg
こんなこともあろうかと、「修善寺」の情報はしっかり調べて、
vitaに和服仕込んどいた私の用意周到さは伊達じゃないっ!
(元々、雨だったらこっち来る予定だったのよね・・・。)

そんなワケで、こちらが「修禅寺」
(地名は「修善寺」だけど、お寺は「修禅寺」らしい。)
P1197521.jpg
・・・てか、この無駄に澄み渡った青空が憎らしいわ・・・。
実際には内陸とはいえ暴風が吹き荒れ、体感温度は氷点下近く。
街中では「のぼり」や「立て看板」がいたるところで倒れてました。

「修善寺」周辺の温泉街は、
「桂川」沿いの両岸に、レトロな建物が立ち並び。
イメージ的には以前行った「銀山温泉」に近い感じでした。
P1197517.jpg
いくつか架かる橋がまた、風情があっていい感じです。
↑が「桂橋」で、↓が「楓橋」
2016-01-19-110655.jpg
レトロな街並みにキリカ服が似合うわ~。
実際にはこんな薄着じゃ10分も外に居られなかったろうけどw

数日前までの暖冬の影響か、街中の梅はかなり咲いてました。
P1197516.jpg
前日の「土肥」でも早咲き桜咲いてたし、
今年の春の花はかなり早めの開花のようすです。

「修善寺」に来たらぜひ行ってみたかった「竹林の小径」
P1197518.jpg

2016-01-19-110151.jpg
やっべえ、わかってたけど私のおくゆかしい美しさがはえるはえる。

真ん中へんには竹づくりの大きなベンチが。
2016-01-19-110412.jpg
↑気に入ったようすのトロさん。
さすがにこの「小径」の中は、風も遮られてホッと一息。

1時間ほど散策したら、暴風のせいもあって体が冷えきり。
ひととおり観たいトコも観たし、さっさと昼食です。
P1197524.jpg
↑お昼は旅館に併設されたお食事処「四季紙」さんで。
「どうせこのあとは帰るだけだし」ってことで、
「そば」に「とろろごはん」がついた豪華な「四季紙御膳」を。
ホント今回の旅行は、食べものだけは最高だったわ・・・w

この後は、いちおう「日帰り温泉」等も調べてはいたんだけど、
正直もう、あまりの「暴風」に体が疲れ果ててて・・・。
「これ以上無理してもしゃあないな」と思い、おとなしく帰路に。


「高足ガニ食べたい」からはじまった今回の「西伊豆旅行」。
最大の目的はしっかり達成したし、西伊豆名物の「夕焼け」も観られ。
ピンポイントでは「目標達成」出来はしたものの・・・。

やっぱり、あまりの天気の悪さに「悔いが残る」のは言うまでもなく。

特に、本来のメインの目的地だった「戸田」に関しては、
バス停から目の前の宿への往復以外、一切移動できずw
「富士山」が見える絶景ポイントはおろか、
たかだか数百メートル先の「漁協」にすら行けなかったからなぁ。

予定してた「戸田」での豪華な海鮮系の昼食も食べられず、
「おみやげ」のひとつも買えずに急いで帰るハメになり。
これで「悔いはないです」なんて、とても言えませんよっていうw

また、帰りに余裕があれば、話題の「韮山反射炉」も観たかったけど、
あの暴風の中、徒歩20分とかとても行く気にならず・・・。
「やりきれなかったこと」を挙げてたらキリがない感じで。

すぐ次ってワケにはいかないだろうけど、
いつかまた、「高足ガニ」の味を忘れた頃に、
「戸田」周辺には「りべんじ」に行きたいなーと思いますw
「修善寺」も、いちどは泊まりで行きたいなぁ。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する