趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11
このページの記事一覧
Posted on 20:53:28 «Edit»
2014
07/19
Sat
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの浅草さんぽ:浅草駅周辺 

どもども、未緒です。
未緒さんの「浅草」さんぽもラスト。
実は今回は「スカイツリーの夜景観る」が主目的だったんで、
2日目の予定はたいして立ててなかったりして・・・w

けどまあ、せっかく「浅草」まで来たんだしってことで、
2日目は「浅草駅」周辺をうろちょろしてみることに。
2014-07-15-083015.jpg
そして「浅草と言えば」なガッチガチの定番場所に来てみたヨ・・・w

実は「雷門」のデカい提灯、
下からのぞくと龍の彫刻が入ってるの知ってた?
P7155580.jpg

その後は「仲見世通り」通って「浅草寺」へ。
P7155584.jpg
まだ朝の9時前くらいだったんで、人はそれほど多くなく。
「仲見世」のお店も半分以上は閉まってる状態でした。
あとから10時半ごろ行ったら、すでに混雑が始まってたんで、
のんびり観たいなら朝10時より前がオヌヌメですね~。

2014-07-15-084815.jpg
ちゃんとおまいりするトロさん。

そして有名な「五重塔」
P7155586.jpg

2014-07-15-084439.jpg
前日の「スカイツリー」でも思ってたけど、
周りの観光客を見ると、外国人の多さにビックリしますw
むしろ日本人のほうが少ないんじゃ?って思うくらいw
それほどやっぱり、世界から見た日本の観光名所になってるのね。

その後は連日の30℃越えの暑さにグッタリして、
駅前の喫茶店で少し休んだりしつつ、
「仲見世」周辺の商店街をうろちょろ散策。


そしてお昼ごはんの時間になり・・・。

実は「浅草」には、いつか一度は食べてみたいお店があって。
そもそも「浅草」に来ることも少ないし、今回がチャンスと思い、
すっごい緊張しつつ行ってみました!

2014-07-15-112203.jpg
「弁天山美家古寿司」~♪
(「べんてんやまみやこずし」って読むんだよ。)

・・・いやもうね、人生でいちどくらい、
ホンマもんの「江戸前寿司」を食べてみたくてw
でも、さすがにカウンターに座る度胸も貫禄もない未緒さんは、
テーブル席のほうでいただきましたw

頼んだのは「寿コース」
にぎり10カンにおつまみが3品つきます。
お昼だし、にぎりだけでいいかとも思ったんだけど、
せっかく来たのに悔いは残したくないので踏み込みますっ!!w
P7155590.jpg
こちらがおつまみ3品とオマケ。
左上から「ヌタ」「自家製海苔の佃煮まぐろ添え」
オマケの「鮪の佃煮」「アワビの肝和え」。


とくに、最初に出た「自家製海苔の佃煮まぐろ添え」が美味で。
甘さが控えめな自家製の海苔の佃煮と、
おろしたてのワサビがヅケまぐろを引き立てますw

「アワビの肝和え」は生臭いの想像してたけど、
食べてみたらぜんぜん生臭さはなく、
肝のコクだけが臭みなくプラスされててビックリでした。

そしてお待ちかねのお寿司の登場。
まずは前半の5カン。
P7155593.jpg
左上からヒラメ・コハダ・真鯛・赤貝・ほっき貝だったと思われ。

基本的に「江戸前寿司」のネタは生のままではなく、
「仕事」(加工)がほどこされてるのが特徴で。
ヒラメは昆布締めだったり、真鯛は湯引きだったりと、
ひと手間かけた丁寧な仕込をしてあるらしく。
その「仕事」っぷりを、どーしても一度確かめたかったのよねw

すべて「煮切り醤油」がネタに塗ってあるので、
しょうゆ無しでも食べられます。(てかしょうゆつけたらもったないw)

後半5カン。
P7155594.jpg
左上からづけマグロ(トロ)、玉子、才巻海老、アナゴ、煮イカだったはずw

特にビックリしたのは「アナゴ」
白焼きしたアナゴに「ツメ」と呼ばれる甘いタレをつけてあって、
口に入れるとコゲ目の香ばしさのあとに、濃厚な味わいが広がり。
・・・やべえ、マジ美味しいわコレww

あまりの美味しさに、お昼なのに「寿コース」をたいらげても、
なんかまだまだ10カンくらい余裕で食べられそうなイキオイでw
でも、ホントにそれやっちゃうと財布がパンクしちゃうんで・・・。

2カンだけ、「お好み」で追加しちゃいました。
(「お好み」は1人でも1カンづつで頼めます。)
P7155598.jpg
散々迷った末に追加したのは、「コハダ」と「づけマグロ(赤身)」。

やっぱり「江戸前寿司」の真骨頂とも言える「コハダ」は、
おかわりしてでもじっくり味わいたかったってのがあってw
やはり「江戸前」の「仕事」が詰った、すばらしい味わいでした。

「づけマグロ」のほうは、コースで出た「づけ」が「トロ」だったので。
ネコはトロが好きだけど、マグロは赤身のが好きな未緒さん的に、
こちらはどーしても食べて帰りたくて頼んでみました。
このルビー色の輝きがすばらしいわっ!!

・・・うん、諭吉飛んだけど、まったく悔いは無い!!w
「江戸前寿司」のみごとな「仕事」っぷり、
目と舌にしかと刻ませてもらいましたw


・・・ただ、私は大満足ではありましたが、
正直、万人に「オススメ!」とは言い難いぶぶんはあり。

自分が「食通です」とか言う気はさらさらないけど、
少なくとも細やかな仕事っぷりに興味の無い人にとっては、
ネタだけ見たらそこらの「並寿司」と変わらないので・・・。
(お品書きには、「大トロ」も「ウニ」も「カニ」もありません。)

「浅草」は、外国人観光客が多いこともあり、「寿司激戦区」。
まわりには2~300円で「大トロ」が食べられる
「まわるお寿司屋さん」がいくらでもあるんで・・・。

あまり細かいこと気にしない人なら、
そっちに入っておなかいっぱい食べたほうがお得だとは思いますw
(てか私だってそーいうお寿司屋さんも好きだしねw)

でも、それを踏まえても私は、いつかもう一度行きたいわ~。
それくらいに思える、まさに「名人の仕事」でした。
値段が値段なので、気軽に次ってワケにはいかないけど、
また「浅草」行った際には食べに行きたいなーと思います。


なんか最後は「寿司ブログ」っぽくなっちゃったけど、
そんなこんなで「未緒さんの浅草さんぽ」は終了。

「スカイツリー」の夜景と「東京下町」の雰囲気。
今まで行かなかったのがもったないと思える、ステキな土地でしたw

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する