趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
このページの記事一覧
Posted on 20:35:42 «Edit»
2014
04/19
Sat
Category:未緒さんのドキドキしない日記

「わ」・・・ってw 

ふにゃふにゃ、未緒です。
少し間空いちゃったかもだけど、「月イチわいん」コーナー。
どーしても「ぷそ」の話題を先に書くんで、
なかなかブログに書くヒマなくてね・・・。
(もともとブログネタが無い時用のネタだしな。)

まあそんなこんなで今月はこちら。
「わ」
「JACOB’S CREEK 『わ』白」

・・・はい。

ワインの名前は「わ」です・・・w

「JACOB’S CREEK(ジェイコブス・クリーク)」は、
そこらへんの飲み屋さんとかでも見かけるほどの、
オーストラリアのとても有名なワインメーカー

それほど高くないお値段ながら、コストパフォーマンスがよく、
私なんかも日ごろからよくお世話になってるメーカーさんで。

それなりにワイン飲んだことがある人なら、
覚えてなくても一度は飲んでるかも?ってくらい、
日本でもメジャーなワイナリーなんですが・・・。

なんと、そのオーストラリアのワインの名前が、
ひらがなの「わ」一文字なんですよww

どうやら銀座のお寿司屋さんとのコラボで、
(赤ワインのほうは日本橋の料亭さんとコラボらしい)
「和食に合うワイン」というテーマでの品らしく・・・w

日ごろから普通に和食でもワイン飲む未緒さん的に、
「これは買わないワケにはいかないだろう」と・・・w


・・・で、飲んでみた感想は。

飲む前からある程度予想はしてましたが、
とてもクリアと言うか、クセのない味わいってのが第一印象。

もともと、「和食」はワインとの相性が悪いことで知られていて。
過去にまんが「美味しんぼ」でも描かれてましたが、
基本的にワインに限らずアルコールは、「生魚」の生臭さを助長してしまい。
(生魚のあとにアルコール飲むと、口いっぱいに生臭さが広がりますw)

和食のメインのひとつである「生魚」との相性が悪いことが、
和食とワインを合わせづらい最大の要員になってたワケなんですが。

この「わ」は、海外ワインにありがちな、
アルコールらしい後味や鼻に抜けるくさみなどが少なく、
ホントに「すっきり」という言葉がよく似合う味で。

そのおかげで、和食(特に生魚)とあわせて飲んでも、
口の中でケンカせず、さっと洗い流してくれるイメージでした。

悪く言ってしまえば「特徴がない」「淡白」と取れてしまいますが、
「甲州種」等の日本の国産ワイン以外の、海外のブドウの海外のワインで、
ここまで「和食とケンカしない」というのはひじょうに重要だと思われ。

少しおおげさな話題を言えば、「和食」が世界的にブームかつ、
2020年の東京オリンピックを控えた
今、
外国人の方が、気持ちよく日本で食事をとれる手段が増えるのは、
とても重要なことなんじゃないかな?と思い。

そいう目的も含めて、「和食に合うワイン」というのは、
どんどん数を増やしていくべきなんじゃないかな?と。

たかがワイン一本のことではありますが、
日本が真の「おもてなし」大国になるべく、
もっと力を入れてもいい話題なんじゃないかと私は思います。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する