趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
このページの記事一覧
Posted on 11:45:19 «Edit»
2012
08/13
Mon
Category:未緒さんのドキドキしない日記

ロンドンオリンピック感想(サッカー以外) 

ぐっもーにん、未緒さんです。
つい先ほど「ロンドンオリンピック」が閉幕。
開幕前に始まったサッカー予選を入れて3週間、
夜更かしやら早起きやらで、体内時計ボロボロです・・・w

ふぃなーれ

てなワケで、観てみての感想とか。
(大好きなサッカーは長くなるんで別記事で・・・w)

毎日「PSO2」やりながらもずっとテレビつけてて、
久しぶりに楽しめたスポーツの祭典。
いあー、トータルでずいぶん観てたもんだ・・・w

過去最大の38個のメダルを獲得した日本。
ただ、金メダルの数は全体的に少なめで。
これは柔道や体操なんかでの「固め取り」が
出来なかったことが影響してるのかな?と。

個人的に嬉しかったのは、
ハンマー投げの室伏選手や水泳の北島選手など、
長年スポーツ界を背負ってきた人が、
しっかりメダルをもらえたのがよかったなと。
(金じゃないのが若干悔いが残りますがw)

特に北島選手のリレーでの銀は、
周りの選手が「手ぶらで返すわけにいかない」とがんばり。
ヘタしたら自分だけでとるよりも嬉しかったんじゃないかな?w

他にもずっとがんばってきたけどメダルに届かなかった、
「苦労人」的な人が多くメダルが獲得できて。
そいうぶぶん、観ていてとても感動しましたw

また、サッカーも含めて、何十年ぶりだとか、
史上初のメダルなんかもあって、
競技の裾野を広げる役割にはとても貢献したかなと。


・・・ただ良いコトばかりではありません。

今大会を語る上で無視できない「反省点」に、
「審判やルールの曖昧さ」がありました。

大会のしょっぱなから話題になったのは「柔道」。
いわゆる「誤審」を無くそうとビデオ判定を導入したんですが、
むしろ混乱を招く結果になってしまい・・・。

とったポイントがあとで取り消されたり、
旗判定で負けたのに、その後に勝ちになったり・・・。

特に主審の判定がアッサリ覆る様をみると、
「主審いらなくね?」と思ってしまい・・・。

今回のビデオ判定導入は、過去のオリンピックであった、
「内股すかし」を理解できずに負けにしてしまうような、
国ごとの主審のレベルに差があることが最大の原因で。

柔道に関しては、ハイテクの導入よりもむしろ、
各国の審判の教育を徹底すべきなんじゃないかなぁ?と。

また、柔道はルール作りも急務だと思われ。
ほとんどの選手が消極的な姿勢で、
「勝つ」んじゃなく「負けない」試合をしてしまい。
「一本」が非常に少なく、「指導」の数で勝負が決まったり。

本来の「柔道」という競技から離れていってるカンジで。
何より見ていて面白味にも欠けるしね・・・。


ルールの不一致と言うより、
運営のずさんさと言える状況もありました。

ハンマー投げでは、室伏選手の一投目に関して、
表彰式で中断している時間をカウントしてしまったり、
(おかげで室伏選手は時間切れファール扱いw)
ネットに絡まったハンマー取るのに時間かかったり。

こいうのを見るたびにやっぱり、
「国際大会は日本でやればいいんだ」と思ってしまうわw
日本ではこういうずさんさは決してありえませんw

日本人の世界的に見て病的なまでの神経質っぷりと、
どんな国に対してでも強く出られない下手っぷりは、
こういった世界大会での「もてなし」には非常に有利に働き。
私はホント、日本人のそういうぶぶんは大好きですw

選手にとっては4年に1度の、まさに人生の勝負どころ。
そんな選手たちがベストパフォーマンスを出せるように、
運営側は些細なミスも許されない、
そいう心がけをして欲しいと思いました。


「ルールの曖昧さ」としてもうひとつ、
今後のスポーツ全体に影響される可能性があるのが、
バドミントンでの「ワザと負けて失格」の件。

問題が波及して、女子サッカーでの
「引き分け狙い」の試合も問題視されました。

この「引き分け狙い」、たぶんサッカーファンの人たちにとっては、
W杯や欧州CLでもよく見られ、「当たり前」に思ってて。
問題がサッカーに飛び火してきたときには、
「え?」とビックリしたのをおぼえていますw

ただ、確かに言われてみると一理あり。

「プロ」であるサッカーのリーグ戦では、
「クラブ」は勝たなければ収入に直結しますし、
サポーターも愛するクラブが勝ち上がるのを望んでるので、
次の対戦を操作するのも「アリ」だと思います。

が、よく考えてみると今回は「オリンピック」なワケで。
基本「アマチュア」の祭典であり、
スポーツマンシップが何より尊重される状況において、
確かに「結果の操作」は相応しいとは言いがたくw

まあ、今回のバドミントンに関しては、
わざとシャトルをネットに当てたりと、
あまりに露骨に負けに行き過ぎたのが最大の問題で・・・。

サッカーでは「引き分け狙い」はともかく、
「わざと負けに行く」状況はさすがにほとんどなく。
わざと自分のゴールにシュートぶち込めば、
さすがにサッカーでも問題になる
と思いますしw

両方を同列に考えるのにも無理はあると思いますが、
今後のスポーツのあり方として、
考えなくてはいけない問題なのかなと思います。

っつーか、トーナメントの組み合わせを、
全員が勝ち上がってからもっかいくじ引きすりゃ、
この手の問題もなくなるんだけどなぁ・・・。

そいうルールに出来ない理由のひとつには、
間違いなく「過密日程」の問題があり・・・。
トーナメント前にもっかいくじ引きとかやると、
会場の設営や選手の移動が間に合わないんだろうなぁ。


今回のオリンピックで起きた、様々なルールの問題。
広い世界で同じ競技をする上での、
国ごとの認識の不一致や考え方の違いなどもあり、
ホントにこれは修正の難しい問題だとは思います。

ですが広い世界で、言葉の違う人たちが、
ひとつになれるのがスポーツの最大の魅力であり。
4年後に向けて明確なルール作りを期待したいところです。

なんかルール問題に大きく感想が割かれちゃってるけど、
やっぱり単純にスポーツを観るのは楽しいですw
時差があって不規則な生活になるのがキツイけどw

次にこんなに不規則な生活になるのは、
たぶん2年後のブラジルワールドカップだろうなぁ・・・。

ともあれ、出場選手の皆様、
ホントにおつかれさまでしたw

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する